トップページ 新婚旅行先 旅行荷物 体験記 お土産 ハワイ 結婚準備 新生活

食事・レストラン

レストランでの支払い方法

海外ではテーブルで支払いをしたり、チップを払ったりします。

ウエイターに「チェックプリーズ」と言うか、ペンを持って書くしぐさをすると支払いのための伝票を持ってきてくれます。

内容を確認して、席で支払いをしますが、サービス料が含まれていない場合は、合計金額の10〜15%のチップを渡します。

※ファーストフードやセルフサービスの店ではチップは必要ありません。

チップの払い方

支払いが現金で、おつりが必要な場合

ウエイターがおつりをトレーに乗せてくるので、おつりからチップ分を残して席を立ちます。

支払いが現金で、おつりがいらない場合

ウエイターが伝票を持ってきたら、請求額にチップを加えた金額をトレーにおいて席を立ちます。

カードでチップの支払いも行なう場合

伝票のチップ欄と合計欄に、自分で金額を記入してウエイターに渡します。

※自分で記入した金額の横に「−(横線)」を入れて不正を防ぐようにしましょう。


スポンサード リンク

戻る

2006年08月28日 01:29