トップページ 新婚旅行先 旅行荷物 体験記 お土産 ハワイ 結婚準備 新生活

ショッピング

免税店

商品にかかっている税金が免除されているのが免税品といい、その免税品を取り扱っているお店を免税店といいます。

免税品の購入は、海外旅行の特権といって良いでしょう。

ただし、ひとりあたりの免税の範囲が決まっているので、日本に帰国する時に税金が課せられないように買いすぎには注意しましょう。

免税品を買える場所

街中の免税店。

観光地では、街中に大きな免税店があり、品揃えも充実しています。

食品や化粧品などの受け取りは空港で行なうことが多いので、帰りの便を伝える必要があります。
※空港で免税品を受け取るのを忘れないようにしてください。

空港内の免税店。

搭乗待ちや乗換えの待ち時間を使って買い物をすることが出来ます。

機内販売。

カタログを見て選び、乗務員が販売に来たときに注文をします。

値段は少し高い場合がありますので、注意してください。

一人当たりの免税範囲


品名 数量又は価格 備考
酒類 3本 1本760cc程度のもの。
たばこ 紙巻たばこ 200本 空港の免税店や外国で購入した日本製たばこについては、外国製たばことは別に左記数量まで免税。
葉巻たばこ 50本
その他 250g
香水 2オンス 2オンスは約56ccになります。
その他の品目 1品目ごとの海外市場の合計額が1万円以下のもの 全量 1本5,000円のネクタイなら2本まで免税になります。1品目の合計が1万円以下のものは、20万円の枠に入れなくても構いません。
その他のもの 20万円
(海外市場の合計)
品物の合計が20万円を超える場合は、20万円以内に納まるものが免税となり、残りの品物が課税されます。


スポンサード リンク

戻る

2006年08月29日 01:31